コンプレックスを治す|老人性イボを綺麗に摘出する方法|実績豊富な美容外科医の力
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンプレックスを治す

ボディ

ほくろはコンプレックスか

ほくろは、顔や体にできる、また生まれつきあるものです。そのほくろの位置によってチャームポイントにもなりますし、コンプレックスともなります。そのため、ほくろ除去をしたいという人も多いようです。一般的にみれば、顔についていえば、口元にあるほくろや目の下にあるほくろは、セクシーであるとされています。ほくろがない人も、ほくろ除去とは逆で、ペンやアイライナーで書き足したりすることでほくろを作る人もいます。逆に鼻の下やあまりにも大きなほくろがある人であればそれがコンプレックスとなることがあります。小さい時にからかわれたことがトラウマになるという人もいます。ほくろの色や形も様々ですが、近年ほくろ除去を昔よりも簡単にできるようになりました。

除去の方法は

ほくろをコンプレックスとする人であれば、皮膚科において施術することで、目立たない程度まで綺麗にすることができます。顔に限らず、体にいたるまで明確に気になる理由があれば、施術が可能です。皮膚科でほくろをとる施術をするには、どのように気になるのかを伝え、そのほくろ自体が良性か悪性かを判断してもらいます。そして実際にほくろ除去の施術する時間は意外と短く、1時間もしないうちに終わります。方法としては、麻酔を打ったほくろに皮膚科医がレーザーを照射することによって行います。皮膚科での診察と施術費用を合わせてもそれほど高くなく、保険も適用されるため費用の心配はほとんどありません。そこから約半年をかけて傷跡が消えるといいます。